ノマドワーカーに最適なコワーキングスペース

職場を持たないフリーランスは、自宅がメインの仕事場であることがほとんどだ。しかしいつも自宅ばかりでは孤独を感じたり、作業に集中できなかったりするだろう。
ずっと1人でいると気が滅入り孤独を感じてしまうため、カフェや図書館に出かけて作業をする人も多い。
このように、場所を1カ所に限定せずさまざまな場所で仕事をする働き方を「ノマド」と言う。
IT系の職種ならパソコンとインターネット環境があれば、基本的にどこでも仕事ができる。そのようなノマドワーカーのために、ノマドカフェとしてWiFiと電源を完備するところも増えている。
しかし、そのようなところで長居すると、結局はお茶を飲み食事を取らざるを得なくなる。カフェ代の節約のためにお茶1杯だけで何時間も作業し続けるのも心苦しいだろう。

そんなノマドワーカーに最適なのが、コワーキングスペースだ。コワーキングスペースは、オープンスペースのデスクや簡易的なパーテーションで仕切られた個別ブースなどで作業ができる場所だ。
コワーキングスペースには標準装備として、高速WiFiや電源完備、コピー機やプリンターなどが設置されている。中には専用ロッカーや図書資料、レンタルパソコンなどが設置されているところもあり、規模によってさまざまだ。
時間貸しのビジターから月額や年間契約の会員制など、利用形態も多彩だ。

ここなら、店主や店員に気を遣うことなく、好きなだけ仕事に没頭できる。周囲の利用者もほとんどがフリーランスのため、同じような仲間がいると思うと心強く作業も捗るだろう。
また、談話スペースなどで他のIT系フリーランスと交流を持てるメリットもある。そこから大きなビジネスチャンスが生まれるかもしれないため、多くのフリーランスがコワーキングスペースを活用している。